So-net無料ブログ作成
検索選択

松樹のハダニ [害虫]

・ハダニは昆虫じゃなくクモの仲間、一般の殺虫剤の多くは効果が無い。
・成虫は毎日数個の卵を(半透明、球状)産卵、生存期間中(約20日)に100個前後の卵を産む。
・10日間で卵から成虫になり、1年で10世代以上繰り返して増える。
・8℃以上で活動を始め、発生のピークは、(春季)5~6月・(秋季)9月~10月。
・25℃位の温度で乾燥した状態で発生しやすい。(雨に弱い)
・薬剤に対して抵抗性がつきやすいので、系統の違う薬剤をローテーションで使用する。
ハダニ用薬剤一覧(GREENJAPAN)
・冬期、マシン油乳剤の散布で越冬中の成虫や卵を抑えておくと効果的(密度を下げる)。
・殺菌剤ジマンダイセンはダニの忌避効果がある。
・天敵、テントウムシ・カメムシ他
コメント(0) 
共通テーマ:学問